03≪ 2010/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | スポンサー広告

思い出34/75

今黒猫とツイってて思い出したんだけど
海苔弁ってありますよね
あたし、海苔弁が大好きなんですよ
海苔弁が好きって言うか、要するに醤油がかかったものなら
なんでも好きなんですけどwww
ある日、いつものようにお弁当作りを拒否る母親に代わって
海苔弁作ってみました(* ̄ω ̄)v

まず白いご飯をちょこっと入れてうすーく広げて
そこに、醤油に浸した海苔をみっちり敷いてさらに醤油かけて
その上に再び白いごはんをちょこっと入れてうすーく(ry

これを四回くらい繰り返してできました、みごとな海苔弁
蓋をするのが惜しいくらいにいいにおいのする海苔弁を
勇んで学校に持ってって、昼休みがやっと来て( ̄▽ ̄)
パシリを缶入りのお茶を買いに走らせつつ、あたしはうきうきと
お弁当をオープン♪
そしたらね、笑うんですよ、ツレどもが
あたしが一生懸命作った海苔弁を見て、指差して笑うんですよ

「なにそれ、真っ黒ー!」
「超しょーゆくせーし!」
「おかずはどうした、おかずはー!」

おっと(☉д☉)あまりに見事な海苔弁ぶりに、おかず入れんの忘れたわ

いいんだ、美味しかったから
おかず抜きのしょうゆびちゃびちゃの海苔が溶けかけてる海苔弁だけど
美味しかったから、いいんだ

スポンサーサイト
2010-04-22 (Thu) | 思い出75 | COM(0) | TB(0)

思い出33/75

ま、あたしくらいの女になるとね(タバコぷはー)
大抵の男絡みの話じゃ驚かないんだけど(ドヤ顔)
殺されかけたとか殺しかけたとか(え)
男んちに泊まって朝になったら彼女が怒りで蒼白の顔で
あたしたちを見下ろしてたとか
男を泊めて朝になったら彼氏が怒りで真っ赤になった顔で
あたしたちを見下ろしてたとか

えぇ、よく殺されなかったと思います(しみじみ)

そんなあたしでも驚いちゃったわぁ、な一件がございました
家柄、学歴、容姿、性格、どれを取ってもイケテル人と
お付き合いしておりましてヾ(  ̄▽)ゞ
二ヶ月ほど経った頃、そろそろセックスでも、って感じになって
いつものようにデートして、彼のマンションに行きました

そ し た ら

ママが待ってたんですよ
ママが!
なんか高そうなお洋服お召しになったママが!
大事な僕ちゃんをたぶらかした女を怒るのかと思いきや
あたしの手をあたたかく握り締めて「あなたがじゅじゅちゃんね?
お話はかねがね浩君から聞いてます(にっこり♥)」って
ここでこいつらオカシイ!って気付いてとんずらこけば
良かったんですけどあまりの展開に面白くなっちゃって
あたしも調子合わせてにっこり返したりしてたんですよ

んで浩君のママが言う事にゃ♪

「浩君と今夜ベッドインなさるのね?浩君のこと、よろしくね」

はい?(☉д☉)

「浩君、恥ずかしがり屋さんで(おほほ)あたくし心配してましたの」

はい?(☉д☉)

「じゅじゅちゃんみたいな素敵なお嬢さんが初体験であたくしも
ほんとに嬉しいわ♥」

おかあさん、心配なのはあなたの頭です
大事な息子さんと末永くお幸せにお暮らしくださいませm( __ __ )m
・・・と言うわけでじゅじゅちゃんはママがベンツでご自宅に戻り
浩君がいそいそとシャワーを浴び始めた途端、とんずらこきました

いやー、びっくりしたわぁ( ・_・)
2010-04-22 (Thu) | 思い出75 | COM(0) | TB(0)

思い出32/75

あたしより思い出記事数の低い人たちのブログだけ
舐めるように読んでます(Φ∀Φ)

60幾つとか言われると「ふん」てなるの
悪いじゅじゅちゃんです

思い出メンバーってお母さんが圧倒的に多くて
やっぱりお子の思い出とか楽しそうに書いてあるのね
あたしは子供居ないから「ずるいっ!」とか思うけどwww
でもちょっと前にツィートしてて思ったんだけど
お母さんたちが楽しそうにお子のことツィートしたり
ブログに写メ載っけてくれてるおかげでツィート読んだり
ブログ読んだりするだけであたしもお子可愛さとか幸せで
おなかいっぱいになれるんだよね
今おなかにちっこいのが息づいてるアネゴに至っては
あたしも一緒にひっひっふー♪しそうな勢いだしwww
なのでこの場を借りて、「おかあさんたち、ありがとう」









などと奇麗事言ってますけど本音はどうかって言うと
床にヨーグルトぶちまけただの車の中で吐いただの
おねしょ二連発しただのと読んだり聞いたりするたびに

こども、いらねwwwww

と、それはそれは意地悪な微笑を浮かべちゃうのであります
やっぱり腹の底まで真っ黒なあたし(Φ∀Φ)
2010-04-22 (Thu) | 思い出75 | COM(0) | TB(0)

思い出31/75

うちの母親と、父方の親戚との仲はごく普通に

最悪

だったんだけど
ある日、夜中の二時ごろ、父の姉その二が電話して来ました
電話に出た母が「はい?あら、お義姉さま・・・、え?・・」って
何とも形容しがたい表情でしばらく話して「ごめんください」って
受話器を置いて、あたしを見て悪魔のような凄い笑顔を浮かべました

わたし「あー、誰か死んだ?」
母「亡くなられたみたいwwwマキコさん」
わたし「マキコさん、病気してたっけ?」
母「知らないけど、裏の木戸のところで死んでたってwww」

両親は当時すでに寝室が別々だったので(仲悪すぎwww)
ハウスコートをひらりと羽織ってスリッパを突っかけて
「おとうさま~ぁ♪」と父の寝室に母は向かいました
しばらくして「えーっ?!」と言う父の声が聞こえて
どたどたと廊下を走って一階に降りて行く父の足音がしました

どうやら実家やら兄弟の家やらに電話をしまくってたらしく
しばらくしてから父が階段をとんとんと上がってきました
で、母に「マキコじゃなかったみたいだぞ、死んだの」と
その時の母のがっかりした顔!
「えー?違うの?」とか、平気で言っちゃうマイマミー♥
「死んだのはヒデコの飼ってた猫らしいぞ」
「あら、だってお義姉さま、『おねえちゃんが』って・・・」
「おねえちゃんってのは、あれだ、ヒデコの飼ってた猫の呼び名だ」
真相を知ってしまった母、ふんと鼻を鳴らして
「まったく、人騒がせなご家族ですこと、お宅様は!」と言い捨てて
自分の寝室にさっさと戻ってしまいました

母のぬか喜びはその後十年ほどして本物になりました


2010-04-22 (Thu) | 思い出75 | COM(0) | TB(0)

思い出30/75

りかちゃんで思い出した
あたし、人形、嫌いだったのよね

怖いじゃない?
あの、人の顔した人形って

日本人形とか、最凶
ガラスのケースに入った藤娘が床の間にあった日には
速攻で逃げましたよ
こけしも、あの人をバカにしたようなひきめ鉤鼻おちょぼ口が
どうにも我慢できなくて、嫌いです
東北あたりでよく売ってるこけしの目つきなんて最悪ですよ

いいですか?

最悪ですよ、最悪(二度言ったぞ、こいつ)
2010-04-22 (Thu) | 思い出75 | COM(0) | TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。