07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | スポンサー広告

思い出1/75

春の企画「思い出75」に参加させていただきましたので
早速その1を書こうと思います
サイドバーにちゃんと思い出75リンクも貼りました
貼りましたってば!
___________________________

思い出1/75
『マイ・ファースト・FUCK YOU、BITCH!』

筋金入りの、生まれ着いての帰国子女だったあたしは
小学校1年くらいの時はまだ日本語がおぼつかなくて
そりゃ苦労したもんですよ(親が)
公立の学校に入れると苛められるんじゃないかって
親が心配して、私立の学校に行ってたんですけど
春のある朝、たぶん新学期第一日目か二日目かに
事件は起きました

幼稚部と小学部は割りとくっついて建ってる感じの学校で
あたしはつくつくと小学部に続く並木道を歩いておりました
お花が綺麗でしてねぇ・・・上向いて歩いてたんですよ
前じゃなくて、上
そしたら突然、どんっ!と言う衝撃が走りましてね
慌てて前見たら幼稚部の生徒(制服から判断)がアホ面こいて
あたしを見てるんですよ
で、そのアホ面のガキの横で鬼のような形相であたしを睨む
その母親(たぶん)が目に入った途端、母親があたしに
この才色兼備、眉目秀麗、天上天下唯我独尊のあたしに向かって

どこ見てんのよ!ばか!

・・・って、怒鳴りやがったんです

怒鳴りますか?ふつう
他所様のお子さまに向かってばかって怒鳴りますか?

怒りましたよ、ちいさなじゅじゅちゃん
日本語で言い返すのは無理、とすばやく判断したじゅじゅちゃんは
胸をぐっと張って、足をぐっと踏ん張って、ちいさくてかわいい、
桜餅のようなお手手の中指をぐっと立てて

FUCK YOU, BITCH!!

満開の桜を見るたびに蘇る甘酸っぱい思い出です
2010-04-01 (Thu) | 思い出75 | COM(0) | TB(0)















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。